音楽記録簿「れぽると」

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2006/4/15「SE7EN CONCERT2006 ~FIRST SE7EN…and Seoul~」

♪平成18年(2006年)4月15日 日曜日
 ♪会場=国立代々木競技場第一体育館
       (東京都渋谷区神南2-1-1;ホール収容人員数13,756名)



SE7ENの代々木第一体育館2Days公演、2日めのきょうは、
「…and Seoul」韓国語楽曲中心の日です。
 きょうは昨日よりもさらに盛り上がっていました(私の周囲では)。
ちなみに昨日はアリーナB2ブロック、今日はアリーナA3ブロックから
見ておりました。

 とりあえずきょうの公演のセットリストです。
昨日よりさらに、会場でとったメモの文字が判読不明(^_^;)…
まちがっているかもしれませんm(__)m

1)Intro…24for7~ヨルチョン(PASSION/熱情)
-MC-
2)2 NITE
3)ワジョPART2
4)Love Story
いわゆるテレビサイズというか短いヴァージョンでした
-MC-
5)ハンボン タン ハンボン(ONE MORE TIME/一度ただ一度)
6)BABY I LIKE YOU LIKE THAT
-ドキュメントフィルム①- 昨日と同じです
7)ナン アラヨ(I KNOW/僕は知ってる)
 後方からSE7EN登場。
-MC及びプレゼントコーナー-
サイン入りのツアーパンフ、折り紙の小さい靴(ツアーパンフの中にあります)、SE7ENプロデュースの香水(TOUCH by SE7EN)をそれぞれ、
近くにいたお客さんに手渡したり投げたりしてました。
8)STYLE
9)ムンシン(TATTOO/刺青)
 大サビの途中から部分的に日本語で(原曲歌詞の直訳らしいです…おそらくSE7EN本人によるものでしょう)
♪きみを愛してた~ たまに僕のことを思ってもいいよ…って歌ってくれていました。
10)Puzzle

【ゲストその①=LEXY】
韓国での事務所(YG ENTERTAINMENT)が同じ、セクシーな女性ヒップホッパー。
2曲(①Girls ②LET ME DANCE)披露してくれました。

-ドキュメントフィルム②- Roots of SE7EN
映像は昨日と同じでしたが、SE7ENのナレーションが韓国語でした。

10)THE ONE
11)I HOPE IT IS YOU
デビューアルバム(韓国1枚目=JustListen…)のラストに収録された曲。
12)Last of Diary
 11曲め~12曲めは、生ピアノに合わせてバラードを聴かせてくれました。韓国語~日本語双方を情感こめて丁寧に歌い上げるSE7EN。
うたの前に「紹介します。ピアニストの高瀬さんです」とコメント。

【ゲストその②=GUMMY(コミ)】
韓国での事務所が同系列の(YGと提携関係にあるM BOATの所属だと思いますが)、R&B女性ソロシンガー。
2曲(①キオクサンシル=記憶喪失 ②アニ=違うの)披露してくれました。
 彼女は今後日韓行き来して活動する予定だそうで、あいさつと曲紹介を日本語でしていました。
 実は、たまたまテレビ(スカパー)で彼女が「記憶喪失」を歌っているのを見て、その堂々としているたたずまいと、ソウルフルで圧倒的な歌唱力に驚きました。さらに、彼女がまだ20代前半であることを後から知りまして、ますます驚きました…大黒摩季さんと同世代ぐらいかなぁと(失礼)思っていたんですよね(^_^;)。
13)If I Ain't Got You
原曲はアリシアキーズ(中島美嘉さんもこの曲をカヴァーしてます)。
最初コミがうたって途中からSE7ENが登場、デュエットになりました。
これは聴きごたえありました… 
ナマで…目の前で見られる(聴ける)なんて思ってもみなかった。。
 SE7ENは音域が広い(というか高音部がきれいに出る)から、
アリシアのキーでメインボーカルも取れるし、3度下でハモることもできるんです。
 だから、サビで初めはSE7ENがメイン・コミが3度下のハモリで、
繰返しではパートを交替してうたう…こんな芸当が出来てしまう…
 そういえば去年夏、YG所属の新人さんもライヴでこの曲をカヴァーしてましたね。

-MC-
14)光
15)塵星
-MC-
「最後の曲ですけど…」とSE7EN。会場からの「え~っ!!」という声に、
「アンコールあるんですけど、キューシート(進行表)には『最後の曲』って書いてあるんで(笑)」…きょうはMCさえまくりでした(笑)。
16)ワジョ…(COME BACK TO ME/来てよ…)

=ENCORE①=
17)ENTRANCE (昨日と同様に、FIRST SE7ENの旗を掲げたバイクに乗って
会場の通路を走ってサービスするSE7EN!!)
18)CRAZY (この曲でも途中バイクに乗ってました(^_^;))
19)パムセドロゥ(ALL NIGHT LONG/夜通し)
「そういえばこの曲まだだった!」と思いましたよ(*^-^*)。
会場はボルテージ上がりっぱなしです。
=ENCORE②=
ヨルチョン(PASSION/熱情)
「予定になかったけどもう1曲」と言って歌ってくれました。

 終演後、バックダンサーと手をつないで
「ありがとうございましたぁぁ~~~」と挨拶するSE7EN。
そんな彼をバックダンサーたちが胴上げするシーンが。
SE7ENは少し目を潤ませていたように見えました。
見ているこちらも感動しました…

 このブログ、字数制限が5,000文字以内のため、
改行挿入回数を減らしてます(読みづらくてすみません)。
とりあえず第一報をアップということで(^_^;)
…後日思い出したことがあれば追記させてくださいね。 
[PR]
by oda_hide7 | 2006-04-16 22:27

2006/4/14「SE7EN CONCERT2006 ~FIRST SE7EN…and Tokyo~」 

 ♪平成18年(2006年)4月14日 土曜日
 ♪会場=国立代々木競技場第一体育館
       (東京都渋谷区神南2-1-1;ホール収容人員数13,756名)


f0121511_035655.jpgf0121511_041953.jpgf0121511_043581.jpgf0121511_044916.jpg








SE7ENの代々木第一体育館2Days公演初日(4/14)に行ってきました。
(2Daysの初日は日本語楽曲中心の日、2日目は韓国語楽曲中心の日、という趣向だそうです)
17時開場、18時開演予定、実際の開演は18時12分ごろ。
終演は20時よりちょっと前ぐらいでしたが、物足りない感じは(私は)しませんでした。
いま宿泊先からPC入力しています(^_^;)。

とりあえず昨日の公演のセットリスト。
毎度のとおりメモを頼りにしてますので、間違えてたらすみませんm(__)m

1)Puzzle
1曲目からこれですよ!…というかアルバムでも1曲目ですから、
予想どおりではありましたけど…
昨秋、横浜アリーナ公演での初披露時に気に入った楽曲ですが、
そのときよりも格段にクールでした。
 「やっぱSE7ENすげぇ…」いきなりKOされた感じでした。
2)Red Voice
 -MC-
3)光
4)塵星(ShortVer.)
…2番のアタマから歌って、
その後サビのリフ(繰返し)という構成でしたが、
サビ前の英語部分(原曲は女性の声が入ってます)も
今回はSE7ENが歌ってました。
お約束の「みなさん今日もかわいいですねぇ~^^」という呼びかけは
サビリフ前で言ってくれました(笑)
 -MC-
5)Forever Mind
6)THE ONE
…この曲のイントロと同時に客席の一部からは拍手が。
韓国3枚目のアルバム「24/7」及び、
日本2枚目のマキシシングル「STYLE」の収録曲ですが、
人気の高い曲なんですよね。

-ドキュメントフィルム①-
歌い踊りMCもこなすSE7ENだけに、衣装替え及び休憩の間に
フィルムが場内に流されるのは恒例ですが、
これまでは「かわいくておちゃめなオフショット」的な色合いの
編集フィルムが流されていたのに、
今回はドキュメントフィルムにSE7ENのナレーションという作りでした。
それもまた良い感じでした。
フィルムのBGMは韓国3枚目のアルバムから「Outro~7Virus」、それと
日本のファーストアルバムから「Rainbow」。

今回のコンサート打ち合わせ風景。
…「コンサートとは?」(…メモ書きなので正確な再現じゃないです)
「僕を最大限引き出せるものです。
 歌だけならCDを聴けばいいですし、
 ダンスだけならDVDを見ればいいです。
 両方を出せるのがライブだと思います。
 リップシンク(注:くちパク)は考えたことがありません。

 僕は恵まれていると思う。
 日本でこんなに大きな会場でコンサートが出来て・・
 僕がいまここにいるのは、みなさんの応援があるから、
 みなさんがいるからです」

7)Key of Love
なんと後方がステージに!! SE7ENは後方から登場しました。
今回どの場所からもSE7ENを近くで見られる機会があるように、と
配慮されたステージ(及び花道)の配置になっていました。
8)SE7EN's LOVE
 「韓国の曲うたいますけど、みんな知ってるよね?」と言って
歌い始めたこの曲。短い作品ですがかわいらしい曲で、
サビでファンとSE7ENがかけ合いで歌える構成になっています。
 去年名古屋でのファンイベントか何かで、
ファンのその場の要望に応えてサビだけ披露してくれた曲。
 韓国2枚目のアルバム(MustListen)7曲目に収録されています。
今回はフルバージョンで…ファンへの思いやりが感じられました。
 途中の台詞(ねぇ時間ある?の韓国語)は、
韓国語を客席に言わせて、SE7EN自身は日本語で言ってました(笑)

9)STYLE
 後方のステージからアリーナを四角に囲むような通路へ移動して
その通路(通路にもステージが組まれていた?)で披露。
10)スタートライン
 昨秋の横浜アリーナ公演で、TBS王様のブランチレポーター竹井美咲さん(=当時)と2ショットダンスを披露したこの曲。ご存じ、日本3枚目のシングル曲ですね。
 今回は韓国の女性ダンサーさんと去年の振り付けを披露。歌詞はかなり間違えてましたが(…ごめんねSE7EN)、覚えにくいと思いますよ…1番・2番・リフがごっちゃになりそうですよね
(この曲ライヴでカヴァーしたことがありますけど、日本人の私でさえ
ライヴ本番は歌詞ごっちゃで歌ってしまいました・・m(__)m)
11)蜃気楼
 
 -ドキュメントフィルム②- Roots of SE7EN
(フィルムBGMは「花を持って」~「7Virus」…だったと思います)
 幼少の頃から現在までの写真が次々とスクリーンに映されます。
 それにSE7ENのナレーションが重なります。
「小さい頃から歌手になりたかった。僕の夢だった。
 中学3年生のとき、YG FAMILY(注:韓国の所属事務所)のオーディションに合格した。
 とてもうれしかった。だからどんな苦労もつらくなかった。
 歌うことが楽しかった。踊ることが楽しかった。
 デビューして周りは変わったけど、僕は変わってないと思う…
 ただ…更に目標が増えただけ。もっと上を目指したい。
 夢はかならず叶う。僕がそうだったから。
 どんな困難がきても思いは変わらない…
 僕は歌いつづける…あなたのために…」

12)そのままで…
 日本のファーストアルバム収録曲。大好きな曲です。
就職を機に彼女を残して遠距離恋愛しながら頑張る
新人サラリーマンの心情を素直に、丁寧につづったうた。
 さきほどのドキュメントの語りからこの歌へ流れていく舞台構成と、
歌詞に描かれた世界を丁寧にうたうSE7EN…  
 圧巻でした…
  -MC-
13)ナン アラヨ(I KNOW/僕は知ってる)
14)パムセドロゥ(All Night Long/夜通し)  
 「ナンアラヨ」は、3/8に出た韓国3枚目のアルバム「24/7」活動曲。
比類ない激しいダンスに度肝を抜かれたヒップホップチューンです。
 「パムセドロゥ」も「24/7」収録ですが、SE7EN自身の作詞曲。
ディスコ(クラブじゃなくて=笑)サウンドっぽい作りです。
自然に身体がリズムを刻む曲調であるうえに、
楽しげにパフォーマンスしているSE7ENを見ていると、
こちらも思わず身体が動いてしまうような…そんな曲。 
 公演初日でこの2曲が聴けるとは思いませんでした!
 (2日目だけ披露するのかな?と予想していたので)
15)ワジョ…(COME BACK TO ME/来てよ…)
 ワジョPART2じゃなくて、韓国1枚目のアルバムの活動曲のほう。
SE7EN自身が「いまの僕があるのはこの曲のおかげ」と曲紹介したとおり、
この曲でSE7ENは韓国デビューして、いきなりブレイクしました。
 途中「みんな知ってる?」ってSE7ENは客席に歌わせていましたが、
多くのお客さんが口ずさんでました。
 私も韓国語はわかりませんが、耳で聴いたそのままを歌ってました。
16)Last Of Diary
 「最後の曲です」と紹介して歌い始めたこの曲。
昨秋の横浜アリーナライヴで初披露され、評判の高かった曲ですが、
日本のファーストに収録されています。
 「笑っていいとも」出演後、スタジオアルタで披露したようです。
 SE7ENはあくまでもシンガーであることの証のような曲だと思いますし、改めてSE7ENの真価を見るような曲。
 大サビの ♪逢いたい~~ というロングトーンは圧巻でした…

 「最後の曲です」とのひと言に、客席からは「えぇ~~っ?」の声。
すかさずSE7EN「アンコールありますから(笑)」。
 舞台を一旦掃ける際にも「みんな、アンコールで逢いましょ^^」。
 憎めないかわいいヤツですよね(^_^;)。

 =ENCORE=
 客席はまばらなアンコールでしたが
 (拍手やアンコールの声を他人任せにしたまま、
  何もせずにずっと座ったままの方も私の周囲には多数いましたが…
 …まぁコンサートの過ごし方は人それぞれでしょうから…)、
SE7EN再び登場。

17)ENTRANCE
 …そうなんです! 本編でこの曲やってなかったんですよ(笑)!!
横浜アリーナ公演で客席大ウケ、本人大照れだったこの曲!
 SE7ENは「FIRST SE7EN」の旗を掲げたバイクに乗って花道を走ったり、
客席に水を撒いたり(…あ!客席に水撒いたのは別の曲かも…)、
 おもちゃの鉄砲のようなもので客席に白いサインボール?を投げたり。
ステージの端から端まで走る走る!
 エンディングにはおなじみ“ハートダンス”も披露。
お楽しみタイムという感じでしょうか。
SE7EN本人は1曲の間にせわしなくあれもこれも…という趣向で、
大変だったのでは?と思いますけどね(^_^;)。
18)CRAZY
19)ヨルチョン(PASSION/熱情) ~REMIX:Extended Ver.~
 双方ともおなじみの韓国楽曲。
事務所の新人ラッパーさんが参加していました。
20)Forever
 この曲も(日本3rdシングル「スタートライン」カップリング)
歌いだしで2番の歌詞が出てきてしまっていて、
修正が大変そうでしたが…なんとか素早く対応していました。
 SE7ENにとっては母語ではない…外国語である日本語の楽曲。
思いもよらず、口から出た歌詞の順序が、本来とは逆になることもありましょう。内心焦ってしまうであろうに、咄嗟に早い時期での修正を現場でかけられるというのは凄いことだと思います。

 去年の横浜以上に日本語楽曲のライヴ(歌詞もMCも)、
準備段階で苦労したのではないかと思いますが、
構成も整理されて、さらに良くなったライヴだと感じました。
 時間も足りなかったでしょうに、SE7EN本当に頑張ったんだなと思います…。
とてもとても楽しい時間を過ごせました。 
 途中「きょうは僕のすべてをきちんと出すことが出来なかったけど、
明日は頑張って完璧なものをお見せ出来るようにしますから。
みんな明日も来ますか? (明日も来るという反応に)…びっくりした^^」なんてSE7ENは言ってましたけど…
(たぶん日本語歌詞のミスとか、MCの言いよどみを彼自身は気にして、 こんな発言を素直にしたのでしょう) 
きちんと出せてましたよ。
 自分でも「緊張している」って途中で言ってたし、
重圧もあったでしょうけど…
 アルバム1枚だけという持ち駒のなかでよくやったと思う。

 冒頭で、「きょうは雨(を)心配してましたけど、天気もOKですよね?!^^ みなさん準備いいですか~っ?!
 きょうは日本語の曲、あすは韓国の曲いっぱいやりますけど、
両方をみんなが楽しめるよう僕も準備したから、目いっぱい頑張ります。
 みんな楽しんでいってくださぁぁ~~~い!!」というような
言い方もしてましたけど

 (“目いっぱい”の位置が本人のコメントと↑とで
ちがってたらすみません…ちょっとうろ覚えだし手元のメモも曖昧…
 SE7ENの発言ってときどき「こんな云い回しも日本語で出来るんだ…」と
ハッとさせられることがあります…)

 SE7ENは“目いっぱい”やってくれたと思います。
 客席もそんな彼に満足して帰ったんじゃないかと思いますよ。
少なくとも私は満足して…来て良かったと思いながら帰路につきました。

 韓国3枚目のアルバム「24/7」のなかでは、従来の甘さを一切抑えて
ハードな部分を前面に押し出して音楽活動邁進中のSE7EN。
 同日発売(3/8)の日本のアルバムでは、甘さ&セクシーな部分を
ジャケットにも歌い方にも投影させたSE7EN。
 日本のアルバムの方が、撮影も音の録音も先に終えたような感じで
記事を読んだことがあります。
 韓国楽曲活動中の彼が、どうやって日本の楽曲の持ち味を出すのか
興味があったと同時に心配もしていましたが、
ステージ上のSE7ENはスゥイート&セクシー&クール&ビターでした。
 マジで、全編DVDで、手直しなしでもう一度見たいです!!
限定盤アルバムに同封されていた横浜アリーナ公演抜粋DVDは、
当日の歌詞の間違い部分をCDで修正したような感じがあったり、
歓声をところどころ消してあったりして、
私個人的には(私見です…ナマイキですみません)不自然さを
少し感じてしまっていました。
 ライヴなのだから、生演奏の記録映像でいいんですよ。
生身の人間がリアルタイムで歌い踊り表現しているのですから。

 2日公演の初日、SE7ENおつかれさま。そしてありがとう。
2日目(…日付はきょうになったけど)の公演もまた、ベストを尽くせますように。
[PR]
by oda_hide7 | 2006-04-15 00:13


ネタバレありライヴれぽです
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧