音楽記録簿「れぽると」

「平原綾香CONCERT TOUR2006~4つのL~広島公演」 


 ♪平成18年(2006年)5月2日
 ♪会場=広島郵便貯金会館
       (広島市中区白島北町19-1;総客席数1,730席)





f0121511_23551663.jpg
f0121511_23553313.jpgf0121511_23554929.jpg









あーや、こと平原綾香さんのライヴ広島公演に行って来ました。

会場の「広島郵便貯金会館」は、郵政民営化?の関係で
廃止する話があるそうで(またかい…)、会場入口では
存続署名を募っておりました
 (私も2度目の署名をしてきました…1回目はかなり前…
  基町のそごうの横にメルパルクが出来る前のことでした
広島の郵貯といえば伝統のある檜造りのホール。
  音楽ファンとしては潰れて欲しくありませんから…)

 レポを書く前に、まず今回はおわびを。。。m(__)m。。



 きょうは、セットリストをメモしませんでした!!!

  …というか
 新譜(4枚目のアルバム)「4つのL」を聴かないまま
ライヴに行ってしまいました…
 あーや、あーやファンの皆様…すいません。。
 
 不届きモノですが…「せめてレンタルで借りて聴こう」と思いまして
かつてレンタルCD屋さんがあったはずの場所へ、
仕事が終わってから足を運んだのですが…ちがう店になってました。

 さっきdreamusic(所属レコード会社)の公式サイトへ行ったら
1曲以外はアルバムから網羅してた感じですね…
曲順が思い出せないのでセットリストここに書けなくてm(__)m


 MCはかわいらしい感じでしたが(話し方がかわいい)、
うたうあーやは、堂々として、懐の深さを感じました。
彼女の声は、声量が豊かなほうだとは思わないのですが(失礼)、
声色が七色というか…声の使い方や声色の幅が広いんです。
低音域の力強い響き、中音域のかわいらしい響き、
高音域の繊細な響き…
 在学中の音楽大学(桐朋でしたっけ?)ではサックス専攻だったと思いますが、
うたっているときのあーやは、声が楽器というか
声を自由に使いこなしている感じがしました。
 
 ナマで「Jupiter」「誓い」(=NHKトリノ五輪中継テーマ)
「いのちの名前」を聴きたかったのですが、
いずれも今日やってくれました。

 特に「いのちの名前」は、
他会場のセットリストには入ってないけれど、ここ(広島)で
どうしてもうたいたいから…ということで
披露してくれていました…
 「ヒロシマ」という番組(8/6の特別番組だったと思いますが…
私は残念ながら見てないんです)のテーマソングだったそうです。
 PVでは、作曲者でもある久石譲さんのピアノに合わせて
うたう姿が見られますね。
(久石さんのピアノ好きなので…個人的には大好きな曲です)


 あーやもNHK中継のテーマソングを担当した縁で、
トリノ現地に数日間行けたそうですが、
ちょうど「4つのL」のレコーディングの最中だったため、
作業を中断してトリノに行ったそう。
 そのため、帰国後にしわ寄せが来て、最後は朝の6時まで
レコーディングを詰めていたそうですが、
ちょうどそのとき、荒川静香さんが金メダルを獲得したのだとか。
感慨もひとしおだったようです。

 会場から「イナバウアーやって!」と声がかかり
あーやも「やります!」とリクエストに応えてました
(バレエをやっていただけのことはあります…)
「ブリッジとは足の位置が違うからむずかしいんですよね」だそうで。




 「4つのL」というツアータイトルに合わせて、
ライヴもいわば4部構成のような形をとっていました
 (中央にタペストリーがあって、四つ葉のイラストがあり、
  衣装替えなどで場面転換するときに模様が変わってました)

 その2つめの場面で、カヴァー曲2曲を披露してくれましたが
(「いとしのエリー」と「カモナマイハウス」)、
前者はボサノヴァで、フリースタイルな感じでうたい、
後者はジャズテイストでした…

 とくに聴き応えあったのが後者でして…
江利チエミさんのヴァージョンとは違いますけど…
サックスでアドリブ・ソロをやっているような感じで
軽々と難しいフレーズを、間奏でうたってしまうあーや…
 彼女はいったいどれほどの(ボーカリストとしての)潜在能力を
秘めているのだろう?
どれだけ引き出しを持っているのだろう?…と思いましたよ。。 
  

 3つめの場面のオープニングでは、
藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」をカヴァーしていましたが、
 原曲のアコースティックな感じではなくて、
手拍子しながらのれる感じにアレンジされていました。
 実はきょう、1階の客席左半分は最初から総立ちの層、
右半分(わたしもここにおりました…8列目44番)は座って聴く層…
明らかに分かれていたんですけれども、
「TRUE LOVE」で客席右半分も立って手拍子でした。
バラード曲になるとみんな一斉に着席してましたが(^_^;)。

 本編ラストひとつ前に「Jupiter」、本編ラストが「Music」。
本編終了後はスタンディングオベーションでした。

 アンコール1曲目は「明日」。
あーやは「感謝の気持ちで心を込めてうたいます」と言って、
うたいはじめました(うた始まりなのに、絶対音感バッチリでした…)
倉本聰さんのドラマ「優しい時間」のエンディングテーマ曲。しかも、
倉本さんが「この曲しかない」と指定してきた曲です。
アンドレ・ギャニオンの書いたメロディーに、
やわらかい詞が付いたもの。

 アンコール2曲目…ラストの曲は「スタート・ライン」。
「誓い」のカップリングの曲でした。


 開演は6時38分ごろだったと思います。終演は8時43分でした。
うたそのものを…あーやの声や表現力を根幹に据えた、シンプルでいて
あたたかみのある、ゆったりした時間でした。
[PR]
by oda_hide7 | 2006-05-03 00:46
<< 「YG Family 10th... 2006/4/15「SE7EN... >>


ネタバレありライヴれぽです
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧