音楽記録簿「れぽると」

「YG Family 10thAnniversaryConcert大阪公演~その1~」 

SE7EN、ジヌション、1tym(ワンタイム)、GUMMY(コミ)、
BigMamaなどが所属する、
韓国のR&B及びHiphop系事務所(韓国では「企画社」と呼ぶそう)、
YG Entertainmentが、
会社設立10周年を記念して韓国・日本・アメリカで
ライヴを行なっていまして、
日本では大阪と東京での2ヶ所3公演(東京は2回公演)。
そのうち、初めに行なわれた大阪公演に行ってきました。

YGエンタは、韓国Hiphop界のカリスマだった
「ソテジワアイドゥル(ソテジ&Boys)」の元メンバーである、
“ヤングン”ことヤン・ヒョンソク氏が興した会社です。

ライヴのサブタイトルは「Past,Present and the Future」。
過去・現在・未来。




出演者は…
・YGエンタメの長兄格であるHiphopユニットの「ジヌション」。
 (ジヌさんとションさんの二人組。
 会場で販売されていたYGエンタパンフによると、
 最近ではアーティスト活動より会社業務がメインだそうで、
 YGアメリカやYGジャパン設立業務にも携わったとのことです)
・Hiphopユニットとして有名な「1Tym(ワンタイム)」。
 (兵役に出ているメンバーさん以外の3人で出演)
・女性4人のパワフルな
 実力派R&Bボーカルグループ「BigMama」。
・R&B女性ソロシンガーであり、
 デビュー前には男性シンガーWheesung(フィソン)の
ボイストレーナーを務めたこともあるという「GUMMY(コミ)」。
・SexyとLuxuryを合わせた造語が芸名の由来だという…
 その芸名に違わぬパフォーマンスを見せてくれる
 女性ソロラッパー&シンガーの「Lexy(レクシー)」。
・YGエンタ所属アーティストの中では異彩を放つ
レゲエユニット「StonySkunk(ストニースカンク)」。
・8月21日にデビューしたばかりでありながら、
 ヴォーカルとラップとダンスの完成度が高いグループで、
 YGエンタいち押しのニューカマー「BigBang(ビッグバン)」。
そして、ご存じSE7EN(セブン)。



開演前、舞台背面いっぱいの横長サイズで、
YGエンタ所属アーティストたちのMV
(ミュージックビデオ…日本で言うPVですね)が
ずっと流されていました。
そして、10周年にちなんで
1から10までのカウントアップへと画面が切り替わり、
そのBGMには映画「スターウォーズ」テーマ曲が使われていました。


出演アーティストたちが自分の持ち歌を1曲ずつ
自己紹介代わりに披露したあと、
改めて全員が、ひとりずつ日本語で挨拶。
そのあと各アーティストが3~4曲ずつ
(BigBangはデビューして日が浅いですから、曲数少なかったような)
代わる代わる披露してゆく構成・形式になっていました。
最後に全体で2曲ほど、YGファミリーとしての曲を披露して
この日の公演は終了。
(「We are YG Family」など…それと、男性陣は中盤?に
「YMCA」を披露していたような。
 あ、YGエンタの「YMCA」は、
 VillagePeopleの著名なディスコチューンとは全くの別物でして…
 全編ラップのゴリゴリなHiphopです)
開演は18時32分ごろ、終演は21時30分回っていたように思います。


SE7EN以外のアーティストは韓国語楽曲ばかりですから
リアクションが取れるかどうか心配でしたが 
(例外的に、かつて日本デビューをしているBigMamaが
 登場の際に日本語楽曲を歌ってくれました…
 …というか、このライヴが終わったあとに
 彼女たちが1回日本でもデビューしていたのを知りました)
 
舞台中央やや横のスクリーンで、
「Hey-Yo」とか「Hotトゥゴ」とか
観客に一緒に言って欲しいフレーズ字幕が出ていましたし、

ジヌションのメンバーの方どちらかと
(ジヌさんかションさんか知りませんが)、
1Tymのラッパーであるソン・ベッキョンさんは
日本語が達者ですので
(SE7ENよりも日本語が上手…(^_^;))、

見ていて間があくようなことはさほどありませんでした。


皆さん挨拶と曲紹介程度の日本語は準備して来られていて、
MCは日本語で進行。
(途中日本語を思い出せなくなって、後方のカンペを見に行く
ほほえましい場面もありましたが…ね、コミちゃん(^_^;)
素が出て可愛らしかったですけどね) 

 ベッキョンさんは例によってタメ語も多いんですが(笑)、
 「知ってる人は知ってると思いますけど、
 言葉づかいが悪いですから
  そのへんはカンベンしてくださいね(^_^;)」とか何とか
 最初に流暢に説明してました。

  その後も
「標準語を勉強してるんですけど、
 それが終わったら関西弁を
 勉強しようかと思ってるんで。
 (関西弁のあったかい感じが好きなのだそう)
 日本いろんなところ行ってますけど、
 マジ大阪いちばん好き!お世辞じゃなくて!
 大阪の女性はカワイイ!スタイルいい!
 こん中で俺と付き合ってくれるヒト~~!」発言で
 客席を笑わせて、
 「お前らもっと叫べ~!」「もっと暴れろ~!」と
煽る役目も忘れない。
 気を利かせて盛り上げてくれて…
今回彼の果たした役割は大きいと思いましたよ。
 
  そういえば、冒頭で各人の自己紹介のあとに、
  「おおきに~~!」って
  大阪配慮用のお約束な(笑)方言を
  SE7ENとベッキョンさんが言ってましたね(^_^;)。

 「ジヌション」のメンバーさんは30歳代だと思いますが、
丁寧な聞きやすい日本語を話されます。
 「YGが出来てから今年で10年、
 ぼくたちジヌションは今年で9年になります」と
 おっしゃっていました。 
  

 もっとも、SE7ENの単独公演(昨年10月の横浜、今年4月の代々木、5月の大阪)で、
1Tym(横浜)、Lexy、コミ(代々木)、ジヌション(大阪)は
ゲストとして2曲ずつステージを務めていますし、
BigBangも代々木に来ていましたから、
すっかりおなじみといえばおなじみ。
 彼(彼女)等は、SE7EN単独公演のゲストとしてかつて披露した曲を、
今回のYGエンタ公演でも聞かせて(見せて)くれました。


 とりあえず、SE7EN以外のアーティストさんが披露した楽曲名のうち
わかるものだけ列記します
(このほかに曲名知らないものが1~2曲ずつぐらいあります
 BigMamaとストニースカンクについては曲名全然分からないので
 申し訳ないのですが割愛させてください…m(__)m)

・ジヌション…「A-Yo」「電話番号」
・1Tym…「Without You」(Teabin=テビンさんのヴォーカルが美しいバラード)
 「Hotトゥゴ」
・コミ…「君が戻ってくるなら」「記憶喪失(キオクサンシル)」
 「アニ(違うの)」
 ※あともう1曲、曲名を思い出せないものがあるんですが、
 歌謡ハードロックテイスト
(アン・ルイスの「六本木心中」「あゝ無情」みたいな感じ)に
リアレンジされて新鮮に聴こえました。
 「キオクサンシル」で声ひっくり返る場面も
 1ヶ所あったから、
 喉のコンディションあまり良くなかったのかな?
 それでもやっぱり歌は桁違いに巧くて、
 ディーバ(歌姫)ってこういうヒトのことだなと思う…
 卓越したヴォーカリストさんの舞台を見せて頂きました。
・Lexy…「Party」「Girls」「涙洗って化粧して」 
 ※「Party」はロックテイストにアレンジし直されてました。
 Surviverの「Eye Of The Tiger」みたいなテイスト(^_^;)。
 けっこうカッコよかったんです。
 個人的にはアフリカンテイストの「涙洗って化粧して」が
 Lexy姐さんならではの楽曲として好きでしたから、
 今回聴けてうれしかったです。
・Bigbang…「lalala」(=って曲紹介で言ってたような気がするので(^_^;))
 ※そのほかには、彼等の公式サイトでMV公開している中の1曲を。
 ※BigBangはまだ若く初々しさもありましたが、
 デビューまでに練習生期間が長かっただけあって、
 歌もステージングもなかなかのものだと思いました。
 持っている声質とか柔軟性や技術やポテンシャルは、
 (初期の)SE7ENよりレベルずっと上かもなぁ…(^_^;)。
 今後が楽しみな存在だと思います。

(※韓国ソウル公演で見られたという、
 男性陣による、SuperJunior「U」に合わせての悩殺ダンスパフォや、
 フィソンの代表曲「アンデナヨ(だめですか)」を
 SE7ENが歌う姿は、
 今回は残念ながら見られませんでした)


 圧倒されたのはBigMama4人の歌唱力と声量。
コミと同等か、あるいはそれ以上にも思えました。
天上智喜(という韓国の若手女性4人のユニット)の
動画を初めて見たときは
「こいつら上手すぎる…」と驚愕したんですが、
そのときの驚愕をはるかに超えたものでした…
天上智喜は歌とダンスでスタイリッシュに見せる感じですが、
BigMamaは力強く情感のこもった歌を…
声の力そのものをひたすら聴かせる感じです。

個人的に少し気になったのは、
R&B聴かせる系統のBigMamaとコミが、
最後の曲のフレーズを歌い終わったらすぐに、
客席に一礼をすることもなければ、
バッキングの演奏が終わるまで舞台上にとどまることもなく、
さっさと引っ込んでしまったことかな。
 舞台マナーの専門的なことはわかりませんし、
あれが韓国の流儀なのかもしれませんが、
なんとなく違和感が残りました…

それと、YGエンタのライヴの見どころでもある、
出演アーティストのコラボによるカヴァー曲披露は
今回ほとんどなかったのが残念かな…
 構成が日本向けショーケースっぽい感じで、
所属アーティストのお披露目的色彩濃かったですし、
会館の貸切時間(撤収リミット)の関係とか…
事情があったのかもしれませんね…

 ジヌション出演時に、SE7ENをヴォーカルに招いて、
BeeGees(ビージーズ)のスタンダード曲
♪愛はきらめきの中に~HowDeepIsYourLove の
リミックスを披露したのが
カヴァー曲コラボといえばコラボでした。
 年齢層ある程度上の方でなければ、
この曲あまり知らないんじゃないかなぁ…
(私も後発で知ったのでリアルタイムじゃないです
 歌詞わかるところだけは歌いましたけど…(^_^;))
客席も戸惑っていたような…

もしかしたら日本のファンへの配慮から
選曲されたのかもしれませんが、
「知ってたら一緒に歌ってください」と
その場で促されても、
「それは無理だろう…(^_^;)」と正直思いました(苦笑)。

 あとは…客席側ですが…
客席の多くがSE7ENファンの方だと思うので仕方ないけど、
他のアーティストさんの舞台の途中で離席される方が
ちらほらいらっしゃったのが気になりました…
やむをえずトイレなどに行かれたのだろうとは思いますが…
舞台の上から見れば
あまりいい気持ちがしないのではないだろうか、と…

(辛口でごめんなさい)


 ***ここのブログの字数制約の関係で一旦区切りますね。
   SE7ENについては「その2」で書きます***
[PR]
by oda_hide7 | 2006-09-10 03:01
<< 「YG Family 10th... 「平原綾香CONCERT TO... >>


ネタバレありライヴれぽです
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧